スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
視力矯正情報館トップへ
Entry: main  << >>
視力矯正基礎知識
視力矯正基礎情報:眼の働きと構造
視力矯正のためには眼の構造がどうなっているのか、また、眼の働きについても多少勉強しておく必要があります。

眼の構造というのはかなり複雑で、捕らえた映像を脳に認識させるため、非常に繊細な部分でもあります。眼は脳の一部とも考えられる網膜、血管につながる脈絡膜、毛様体、虹彩、結合織からなる角膜、強膜、眼球前半の表面を覆って瞼の裏に続く結膜など、様々な組織が整然と組み合わさって形成されています。

眼球は視覚をコントロールする直径22〜25mmくらいの感覚器官で、視神経を通じて脳と連絡しています。眼球の後ろ半分には網膜があり、ここに取り込まれた映像を数億個の視細胞で分析し、網膜内の神経細胞で解析後、たくさんの視神経によって脳に情報が伝えられます。

眼球は、カメラのレンズのような構造で、眼の角膜と水晶体とが光学レンズの働きをし、虹彩の中央に開いた瞳孔が眼に入る光量を調節する絞りの役割を果たしています。虹彩の奥にある毛様体に筋肉があり、水晶体前面の形を変えて、レンズの焦点距離を変え、ピントを合わせるのです。

視力矯正のカギとなるのが、眼を構成している各部の働きを正常に戻すこと、または回復させることです。そして視力回復の障害となっている、各部の負担などを取り除くことです。視力回復は簡単方法ばかりではありませんが、根気よく視力矯正方法や視力回復トレーニングを続けることで、視力は確実に矯正され回復していきます。
視力矯正情報館トップへ
スポンサーサイト
-
視力矯正情報館トップへ
-->