スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
視力矯正情報館トップへ
Entry: main  << >>
視力矯正と生活習慣の関係
視力矯正して視力を回復させるのためには、日頃からの生活習慣がポイントとなります。現代社会はとにかく眼に負担がかかっています。この眼の負担を軽減させることが、視力矯正の前に必要なことです。視力に影響が出るのは、眼を構成している水晶体とそれを支えている眼の筋肉です。普段からテレビを近くで見続けていたり、本を近づけて読み続けていたりすると、眼の筋肉が緊張し水晶体の動きが悪くなります。このような眼の状態が長く継続されていると、平常に戻らない状態になってしまいます。この状態が近視といわれるもので、眼にはかなりの負担がかかっています。視力矯正の前に近くを見続けずに、遠方を見るクセをつけて眼の緊張を緩めてやる必要があります。

また、視力回復には姿勢を良くすることが重要です。普段の生活から姿勢が悪いと眼と捕らえる対象物との距離が近くなるので、眼への負担が増大して近視の状態が悪化してしまします。ですから視力矯正の一部として、姿勢を良くすることは、視力回復に大きく影響していると認識することが必要です。

さらに視力回復に障害となりやすい現在の生活スタイルでは、視力矯正に効果的な眼の遠方調節機能の働きが弱くなっていることが確認されています。これは、都市型の生活環境によって、視力矯正に効果的な遠くを見るという行為が難しくなっているためです。このため、視力を矯正して視力回復させるするためには、日頃から意識的に遠くを見ることが必然となります。都会に住んでいるとなかなか難しいですが、視力矯正のためには意識して遠くを習慣を身につけましょう。
視力矯正情報館トップへ
スポンサーサイト
-
視力矯正情報館トップへ
-->