スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
視力矯正情報館トップへ
Entry: main  << >>
視力矯正と近視
近視とは、近くの物がはっきり見えていても、遠くのものを見るとぼんやりと見える状態のことをいいます。メガネやコンタクトレンズで矯正しない場合は、「つい目を細めて見てしまう。」「普段から肩こりがひどい」「集中力がない」などの症状は近視の特徴です。

近視は遠くが見えなくて不便だということ以外にも、健康に影響を及ぼすことが確認されていますので、定期的に眼科での検査や診療を行なう必要があります。

近視の特徴は、遠くを見たときにピントが合わない状態で、写ったものがぼんやり見えてしまう状態のことをいいます。つまり近視は目の焦点がずれてしまうのです。近視には角膜や水晶体による光の屈折率が強すぎることによる屈折性近視と、眼球が通常よりも前後に長い眼軸長と呼ばれる状態で、網膜よりも前方に焦点を結んでしまう軸性近視と呼ばれる症状があります。近視の中でも軸性近視は、比較的遺伝的要素が強いのではないかと言われています。

近視は一般的に病気という認識はありませんが、軸性近視が進むことによって網膜が薄くなると、網膜剥離や近視性網脈絡膜萎縮が発生しやすくなります。また、新生血管ができやすくなるなど、黄班部の眼底出血の原因にもなります。

さらに近視がきっかけとなって引き起こされるといわれる病気には、核性白内障と呼ばれる特殊な白内障があり、核性白内障とは水晶体核の変性が強くなり、屈折率が高くなることによって起こるとされています。

近視を軽く考えないで、出来るだけ早期に適切な治療を行なうことが必要です。軽度の近視であれば、レーシックなどの手術や高額な視力矯正機器など必要ありません。簡単な視力回復トレーニングで十分に視力矯正は可能なのです。

視力矯正情報館トップへ
スポンサーサイト
-
視力矯正情報館トップへ
-->