スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
視力矯正情報館トップへ
Entry: main  << >>
レーシック手術について
レーシック手術とは、エキシマレーザーという新しい技術によって、眼の角膜の表面を薄く削ることで、近視や乱視を矯正するという方法で、日本では2000年1月に厚生労働省から認可された、比較的新しい視力矯正技術です。

視力矯正手術のレーシックの特徴は、波長が短いエキシマーレーザーを使うことで、角膜の一部分を必要なだけ正確に削ることを可能にしました。エキシマレーザーは熱を発したり、衝撃波などもないため、眼の角膜に悪影響を与えることはありません。

レーシック手術による視力矯正は、アメリカでは約10年以上の実績があり、その安全性、確実性についてはある程度確立されています。レーシック手術はかつての視力矯正手術とは比較にならないほど効果的に視力を回復させることができます。

レーシック手術による視力矯正はすでにアメリカでは毎年100万件以上の手術が行われ、近視の人の約10%がこの手術を受けているというデータもあります。プロゴルファーのタイガーウッズがこのレーシック手術を受けたことで、認知度も飛躍的に向上しました。このレーシック手術による視力矯正はメガネやコンタクトレンズを嫌うアスリートにとても人気があります。

日本でもレーシック手術による視力矯正は、毎年6万件以上行われ、年々、エキシマレーザーによるレーシック手術を受ける人は増加しています。レーシック手術による視力矯正は、メガネ、コンタクトレンズなどと同様に、視力矯正方法の一つとして、最近では広く認知されてきています。

最新のレーシック手術による視力矯正は痛みをほとんど伴わず、高い視力矯正効果が得られるということで、一般の人たちにもレーシック手術を受けることが普通になってきました。

しかし、眼の角膜をレーザーで削るというレーシック手術に関して、手術費用の負担や後遺症の有無など、他の視力矯正法よりも不安があるのも事実です。まずはレーシック手術による視力矯正について、資料を取り寄せてみてはいかがでしょう。

レーシック手術による視力矯正に関して、無料で資料請求が出来ます。




視力矯正情報館トップへ
スポンサーサイト
-
視力矯正情報館トップへ
-->