スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
視力矯正情報館トップへ
Entry: main  << >>
まばたき視力回復トレーニング
私たちは、意識しなくてもまばたきを毎日繰り返し行っています。このまばたきを行うことで、涙が角膜や結膜全体を潤し、眼に十分な酸素や栄養分を与えつつ、眼の汚れを洗い流す働きも行なっています。

まばたきの回数が減ってしまうということは、まぶたの運動不足を招いてしまいます。こうしたことが続くことで、眼の筋肉も徐々に運動不足となって眼の疲労が溜まっていきます。

まばたきをすることで、瞬間的に光をさえぎる働きをしており、この僅かな時間に眼を休ませているのです。この眼の休息時間は、大体起きている時間の4〜5%くらいですが、視力が悪い人や近視の人は、眼を休ませる時間が少ないと言われています。

さらに、緊張が続いたり、パソコンやテレビを観ているときなどは、まばたきの回数は少なくなるようです。

このまばたきという行為は、眼の疲れをとったり、外部の刺激から眼を守ったりしている重要な働きなのです。眼は大変傷つきやすい敏感な部分なので、眼の健康や視力回復のためにはまばたきを多くするようにしましょう。

また、まばたきを意識的に行なうことで、視力を回復させることが出来ます。これは眼の疲労を取り除いたり、眼を疲れさせないための予防策としても効果的なのです。

まばたきの重要性から、まばたき視力回復トレーニングは、視力回復や眼の疲労防止などに大変効果が高いとされています。

まばたき視力回復トレーニングの方法ですが、まず、強めのまばたきを数秒間行い、その後4〜5秒間ほどまぶたを閉じて静かにします。この動作を数分間繰り返し出来れば1時間ごとに行います。仕事中などでも休憩時間をうまく利用して、このまばたき視力回復トレーニングを行うようにしましょう。

この視力回復トレーニングは、眼の血流をよくし、筋肉の働きを活発化させます。眼の疲労が溜まりやすいとか、パソコンの画面を一日中見ているような仕事の人は、眼の疲労回復にまばたきトレーニング法は、とても効果的なのでぜひやってみるとよいでしょう。
視力矯正情報館トップへ
スポンサーサイト
-
視力矯正情報館トップへ
-->