スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
視力矯正情報館トップへ
Entry: main  << >>
自分で出来る視力回復法
パソコンのモニタなどを長時間見て、眼を酷使してショボショボした時には、眼は血行不良になっています。こうしたときは、眼を暖めると視力が回復します。まず、熱めのお湯で絞ったタオルで眼を覆って、しばらく休むと視力回復効果が期待できます。

眼が疲れて、白目が充血している時は、逆に眼は冷やしましょう。冷水で絞ったタオルなどで眼を覆い、しばらく休むと視力が回復してきます。また、「冷やす」「暖める」を交互に行うのも眼の疲労回復効果があり、視力が回復します。

眼が疲れてきたら、眼をマッサージしてみましょう。疲れ目に効果があるのは、眼の周辺の骨くぼんだ部分を人差し指と中指で軽く刺激を与えマッサージします。マッサージの際には、眼球を押してしまわないように気をつけましょう。また、肩や首のコリもほぐすと視力回復効果があります。

他に視力回復に効果がある方法は、木を見るというのも視力買う服に効果があります。やり方は、木の表面がよく見える位置まで近づきます。そして、気の表面をじっと見た後、すこし離れてしばらく木を見ます。その後、もう少し離れて木をゆっくりと見ます。これを繰り返すことで視力回復にとても効果があります。

次に、まばたき運動をしてみましょう。パソコンや本などで1点を凝視していると眼が乾いてドライアイなり、疲れ目の大きな要因となります。仕事中や勉強中などでも、マメに目をパチパチさせることで、目が潤い視力回復につながります。

また、可能であれば遠くを見るようにしましょう。最近はパソコンやテレビ、携帯電話など、近くを見る機会は多いのですが、遠くを見ることはあまりありません。視力回復には遠くを見ることも必要なのです。まず、ピントを30センチ〜1メートルくらいの物に移動し、10〜20秒じっとみます。そして遠くの1点を5分くらい見る。これを繰り返すと視力回復にとてもいいです。



視力矯正情報館トップへ
スポンサーサイト
-
視力矯正情報館トップへ
-->