スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
視力矯正情報館トップへ
Entry: main  << >>
遠近視力矯正法
遠近視力矯正トレーニングは遠くのものと近いものを交互に見るのを繰り返すことによる視力の強化、および両眼のバランスで視力を回復するために、この視力矯正トレーニングを一つの方法として行います。

目には、自由にはるか彼方のものを見たり。すぐ近くのものを見たりする力があります。近い距離から遠くを見るこの力は「遠方視力」と呼ばれ、遠くから近くの場所を見る力は「近方視力」と呼ばれています。

この遠近両方の視力がある我々は、そのバランスが保たれて始めて遠くも近くも自由に見ることが出来るのです。

最近は、遠方視力が低下したと言われます。これは、遠くの距離を見る機会が減少したので、近代人の目に近視が増加しました。

研究機関の情報では、テレビや、読書、パソコンなど近くを見た後に、外出して遠くの距離を見る習慣を身につけると、この遠方視力が回復し矯正トレーニングの効果があるそうです。

昼間の空の雲、および夜間であれば夜空の中の星をできるだけ見るようにすることを覚えておきましょう。それらの習慣が視力矯正の効果を高めることができます。

遠近視力矯正トレーニングは、遠くのものを見続けたら、今度は近くを見ましょう、これらを繰り返すことにより効果的な視力矯正トレーニングになります。近い方は普段からよく見る機会があるので遠くを見るトレーニングを取り入れて繰り返し行ないましょう

元々、視力矯正は目の機能を正常化させて、遠くのものも近くのものもきちんと見ることが出来るようにするのが目的です。

普段から視力矯正トレーニングを絶え間なく行なうことで、自然と視力矯正は可能になるのです。簡単な方法ですが視力矯正の効果は高いです。しかし、視力がすぐに回復しないからといって焦ってはいけません。視力回復にはある程度の期間は必要なのです。

視力矯正情報館トップへ
スポンサーサイト
-
視力矯正情報館トップへ
-->